心と身体と肌と髪の健康を自然の力で導いていきたい方へ

 

世の中にこんなにも心と体が苦しくて迷子になっている人がいる、、、。

体にとっていいものを売るだけには限界がある。

 

この人の体はなぜこうなのか?

心がなぜこうなのか?

肌がなぜこんなことになっているのか?

髪がなぜこんなことになったのか?

 

それを知る上で、体の構造を知ること。体はどういうつくりになっているのか。。。

それをもっと深く深く知りたいと思ったけど医者になるための勉強をするために5科目を勉強してお金を借りて、店をたたんで。。。。

 

そんな、時間も余力もない。。。

 

どうしたら、医者じゃないわたしが人の身体を触れられるのか、、、

よくしてくことができるのか。。。

それが、マッサージという形でした。

 

まずは、すべての身体の病の根源は「冷え」であることが、どの文献にも記載されていて、そこが軸という事がわかった。

そこでまず始めたのは「漢方よもぎ蒸し」。

 

産前産後の子宮のケアに韓国の民間療法の理論が、わたしのお客さんへの身体の基礎を作ると考えて取り入れました。

 

それから、冷えを身体の芯から取りながらカチカチになった筋肉を温めて、血流を良くしながら身体のすべての経絡に気を通していく温石薬石整体を取得。

 

そして次は、身体の排泄機能が詰まっている人がすごく多いなと感じ、筋肉を緩めて、気を通したとしても循環がそもそも滞っている身体を外から流してあげないといけないなと「ホットストーンセラピーの手技」を取得後、「リンパドレナージュの技法」「バリニーズ式トリートメントの手技」を取得。

 

もともと、植物エッセンス(俗にいうアロマオイル)の知識も、ハーブの知識も持ち合わせてて東洋医学や現代医学の勉強もしつつ腸科学や脳科学の勉強をしている中で水素というキーワードに出会いました。

 

身体にとっていいこと、運動や栄養を入れても活性酸素という身体のDNAを傷つけてしまうような物質が溜まることを知り、しかもそれは脳や生殖器というセキュリティーが厳しい臓器の中に溜まってしまう。その厳しいセキュリティーの中に入っていける抗酸化物質は水素だけということを知り、調べに調べて医療レベルで使われている「水素吸入機」を導入しました。

機械を利用するのはあまり前向きではないのでエステマシーンとか今後入れる予定もないけど水素吸入機はどうしても生きていく上で身体を錆びさせないために必要だと感じたので取り入れました。

だって、水素水のボトルを1日数本飲むなんて無理ですよね。ぱぱっっと1時間で42本分の水素が身体に吸収できるからいいんです。

 

今書いてきた施術の各メニューをすべて単品メニューとして長年やってきたのですが心と身体と肌と髪を良くするにはすべてがいる。

すべてまとめて施さないと、よくならへんと。

なぜなら、マッサージを1ヶ月に1回とか40年もほったらかしてきた何も身体に施していないような人にたった1時間、一つの手技をしたところで改善なんてそんなしないから。

 

まあ、少し身体を揉まれて、ぐきっとされて、よくなったように思っても実際たぶんそんなことないですよね。

だって、40年も何もせず、自分が歪んでるとか身体がおかしいとか感じず、身体が欲してる物だけを食べてきた身体が急に悲鳴をあげたからといって施術をしたところでよくなるって本気で思いますか?

そんなことわかりきったことです。

でも、それでもそんな何もしなかった自分を悔いて「これから健康で生きていきたい。」と、どっかで改めた時に自分でしかわからない不調を一体誰が根元から自分と同じ気持ちで見つめてくれるのか。

腰が痛くて、痛くてって何時間も待って、見てもらったら原因はわからない、痛め止めと、コルセット勧められて、あとは痛みに耐えて生きてください。

痛みが増すようだったら薬を更に出しますってガンガン薬出して身体のいい菌まで殺してしまうような薬を出すお医者さんに通って解決で本当にいいですかって話です。

 

え?医者ってなんだ?ってそういうことなんです。

 

それでも薬で解決するならそうしてください。整体行って骨のどっっかどうですよ。あ〜ですよ。って

ぐきぐきされたいなら行ったらいいともいます。

 

でも整体の先生が、閉経後の女性の身体の仕組みを話してくれるんですか?

 

摂取する栄養素で骨がぼろぼろになるのよって教えてくれるんですか?

ただ揉んでもらって電気当ててもらって安心して、わたし接骨院通ってるから大丈夫です。そう思えるんならいいと思います。

 

1週間に一回ヨガ通っています。ってジム行ってます。

もちろん運動も大事ですよ。

でも、それってまずは身体を緩めることからしないと身体ボロボロになりますよってことです。

 

大体の人は身体が太ってきたり、体力が落ちてきたら運動しないとっていうけど、いやそもそも運動できるような骨格じゃないよってインストラクターは言いますか?

そういうのをきっちりはっきり言ってくれる人ならいいですがね。

セラピストで、技術はあっても使っている材料が何でできているのかとか自信を持ってあなたに説明してくれますか?

 

でもそれを全部説明できるのがわたしであり技術もできる、使っているものも一級品

日々のケアの食事療法、生活のコーチングをできるのがわたしです。

 

わたしがすべてここで、一人一人の元気で生きていくためにできることをあなたに合わせて監修して、自分で施せない部分をわたしの知識と技術を使って身体と心を良くしていくパーフェクトなトータルサロンを目指して日々お客様のケアをしています。

 

最終は2ヶ月に一回とか、半年に一回、定期検診のようにわたしに診てもらいに来るぐらい

自己判断ができるようになり、自分で自己管理ができるようになった欲しい。それが「chitree organic」の目指す最終形です。