ひろしです!ー自己紹介とおちづとの出会いあれこれー

どうも!ひろしです!

 

 


chitreeのブログをご覧のみなさま、

 

 

はじめまして!

 

 

おちづのブログでも

 

先日紹介されていたと思いますが、

 

 

この度おちづの

 

新しい家族になりましたひろしです!

 


 

どうも!!!

 

 

「突然現れたこの男は一体何者だ??」

 

と色々と疑問があるかたもいるのでは。

 

 

これからはお店に立つこともあるし、

 

みなさんと

 

少しでもはやくお近づきしたいので

 

今回は簡単な自己紹介と

 

おちづとの出会いをさらっと書きます!

 


もしよければ読んでみてください。

 

 

何となくどんな奴なのかわかるかと。

 

 

さて、生まれたのは神奈川県の藤沢市というまち

 

 

知ってますかね?

 

かっこよく言うと湘南ボーイ

 


 

 

江ノ島とか有名ですね。

 

 

まあサーフィンできないし、

 

 

家から海まで自転車で一時間かかりますけどね。笑

 

 


そんなまちで生まれ、小学校は少年野球

 

 

プロ野球は当時からいままでカープファン!

 

 

カープファンの方仲良くしましょ!

 

 

徳島から広島は近いので、

 

 

以前より気軽に試合を観に行けるから楽しみだ。

 

 

 

と、話それた。。。

 

 

中学校はバレーボールで

 

球を追いかける日々を送ってました。

 

 

高校でバンドを始めてベースを

 

弾きまくる日々を過ごし流れ流れて大学へ

 

 

 

大学時代にオーストラリア、インド、

タイ、ネパール、カンボジアへふらーっと行く

 

 

そんで海外行ったし次は日本を

 

 

みてまわりたいなとふつふつと思いだす。

 

 

 

そんな思いが押さえきれなくなって

 

 

2013年に地元藤沢から

 

歩いて日本一周に飛び出し、

 

 

2017年11月まで約4年半かけて

 

 

ひたすら歩いて日本を旅していました。

 

 

 

旅の様子はこちらのFacebookページで

 

更新していたので興味ある方は覗いてみてね。

 

 

 

旅の中の出会いやふれ合いの日々が記録されてます。

 

 

《歩いて日本一周Facebookページ》

https://www.facebook.com/hiroshi.japan1989/

 

 

 

 

毎日30−40km歩きながら、

 

 

たくさんの出会いと別れの日々

 

 

 

夜は野に寝る野宿生活

 

 

 

風を感じ山や海をながめて流れのままに歩いた日々

 

 

 

そして、その旅の途中に徳島で運命の出会いが

 

 

 

そう、それがおちづちゃん

 

 

 

 

その出会いは偶然の連続

 

 

藤沢の友人から、知り合いが営むお店が

 

 

徳島の海南町にあるから寄ってみて〜

 

 

と連絡をもらい

 

 

立ち寄ったその店に

 

偶然おちづも来ていたのです。

 

 

 

その時はそれほど話す時間もなく

 

 

15分くらい?ちょろっと絡んだだけ。

 

 

自分も旅しているので人との壁をあまりつくらず

 

 

初対面でもする〜っと入って行くのですが、

 

 

 

おちづもいきなり0距離な人で

 

 

 

「あ、面白そうな人」

 

って印象でなんだかインパクト強かった思い出が。

 

 

 

また徳島くることあれば

 

 

お店に遊びにおいで〜的なことを

 

言われてその日はお別れ。

 

 

 

 

なので、初対面の第一印象は

 

「なんか面白うそうな空気をまとった不思議なお姉さん」

 

って感じかな。

 

 

 

その後四国をお遍路さんしながらぐるっと一周

 

 

 

予定では徳島市内には寄らずに

 

 

通過しようとおもっていたのですが

 

 

 

ここで二度目の偶然

 

 

藤沢の友人から

 

 

「旅行がてら旅先に遊び行きたいけどいまどこ?」

 

 

と連絡が

 

 

徳島の阿波踊りの時期が近かったので、

 

 

それなら阿波踊りのタイミングで遊びにきたら?

 

 

という流れになり徳島で阿波踊りを観ることに

 

 

旅中は本当にたくさんの人に会うので、

 

 

おちづのように初対面で少しだけからんだ人って

 

 

忘れてしまうこともあるのですが、

 

 

 

なんかおちづは印象残っていて

 

 

 

 

徳島ならあの不思議なお姉さんに連絡だ!

 

 

 

と、おちづに連絡しお店へ遊びに。

 

 

 

 

行くまでは勝手にchitreeをオーガニックの

 

 

レストランだと思っていたので、

 

 

お腹をすかせて行ったら

 

なんとそこは雑貨屋さん

 

 

歩いて腹ぺこ。

 

 

美味しい体に優しいごはんにありつけるー!!

 

 

って楽しみにしていったので、

 

 

あれには驚いた。笑

 

 

ちなみにおちづも

 

俺が日本一周しているとは思っていなくて、

 

旅人の格好で歩いて行ったら

 

 

「どういうこと?」

 

 

って驚いていた。

 

 

どうやら、神奈川からの旅行者くらいにしか

 

考えていなかったとか。

 

 

ちゃんと初対面の時に説明したつもりだったのだが、

 

そうやら興味がなかったみたいね。

 

 

お互いいろいろ勘違い。笑

 

 

 

そしておちづは踊りあるから適当にゆっくりしててね〜と、

 

 

俺ひとりお店に残しでかけていった。

 

 

THE・放置プレイ。笑

 

 

なんか思い返すと

 

こういう緩い感じがとても心地よく感じたのかも

 

力まずにいれるな〜と、

 

最初の時から感じていた。

 

 

 

俺もかなり適当で

 

だいだいのことは何でもOKって感じなんですが、

 

 

その辺の感覚が似ているなーと。

 

 

 

まあそんな感じで

 

いろいろな偶然とタイミングが重なり

 

阿波踊り期間中

 

ゆっくり話したりすることができ、

 

そこから仲が縮まっていき

 

そのあとの旅の間も

 

こまめに連絡をとりあい

 

いまにいたるという。

 

 

はじめましても藤沢の友人の連絡がなければ出会っていないし

 

 

2回目も阿波踊りに行くことにならなければ

 

 

時間をゆっくりともにできなかったので、

 

今一緒になることもなかったと。

 

 

旅の日々のなかで、

 

人との出会いが予想もしなかった未来を

 

つれてきてくれる体験を繰り返してきて、

 

人と人が出会う無限の可能性に

 

いつもわくわくしているのですが、

 

 

この4年半の中で一番の大きな出会いになった。

 

 

いや、28年の人生においてか。

 

 

正直旅立った23歳の頃は

 

 

こんな未来が待っているとは1mmも想像していなかった。

 

 

 

過去のひろしに

 

「お前はいま幸せにやってるでーその挑戦は間違っていなかったぞ!」

 

 

って、タイムスリップして伝えてやりたい。笑

 

 

 

愛すべき妻と二人の子ども

 

(というより弟と子どもができた感覚だけど。)

 

ができ、新しい家族が一気に増えて新しいまちでの生活。

 

 

人生のステージを一気に

 

ドバーーーーって駆け登った気分

 

 

これだから人生は面白い

 

 

 

chitreeのブログを普段から読んでいる皆さんは

 

 

おちづがバツイチで子どもも二人いる事もご存知かと。

 

 

関係を構築していく途上、

 

何度もおちづから

 

「こんなこぶ付きでいいん?」

 

とか

 

 

「9歳も年上のおばはんでいいん?」

 

 

みたいな事をさんざん言われた。笑

 

 

 

俺からしたら惚れた人がたまたまバツイチ子持ちで

 

 

9歳年上だったというだけで全然気にしていなかったのだが、

 

 

やっぱり当人は相当気にしたみたい。

 

 

「普通みんなそれを気にして躊躇するし、

 

 

他人の子どもを育てるなんて嫌がるやん。」

って。

 

 

旅の中で出会った人のお宅に泊めていただいたり、

 

いろんな人とふれあう経験のなかで

 

 

再婚や年の差のあるカップルや夫婦と出会う事はよくあったし、

 

 

その方々も幸せそうにしているのを見てきたので、

 

 

バツイチだからとか年上だからどうとかいう

 

 

偏見というか壁が俺の中でほとんど

 

なくなっていたのも大きいのかな。

 

 

 

血がつながっていない家族でとっても良好な

 

 

関係を築いてる人たちも沢山出会ったし。

 

 

 

逆に普通に恋愛して同い年で結婚したって

 

うまくいかなかった

 

あまり幸せそうに見えない人もいるわけで。

 

 

そういう上辺とかよりも、どういう関係を

 

お互いでつくっていけるかみたいなところが

 

 

大切だからいいのさって伝えても。

 

 

おちづは事あるごとに

 

 

「若いぴちぴちのこの方が絶対いいやろ!」

 

って。笑

 

 

そりゃ私も男なんで

 

若いぴちぴちの子はもちろん好きだけど、

 

長い人生をともに

 

歩んでいく上で若さなんていつかなくなるも

 

 

生活を育んでいく上でそんな事よりももっと大切なのは、

 

心の部分でのつながりや人生に対する価値観や生活感

 

 

おちづとは本当にその辺りの感覚が見事に合う。

 

 

おちづの容姿や年齢や

 

 

ステータスに惹かれたわけでなく、

 

 

生き方や考え方に惹かれていったのだよね。

 

 

前向きでどしどし自分の道を突き進むおちづですら

 

 

そう考えて自分の境遇に引け目を感じているのだから、

 

 

世の中のシングルの方のなかにも自分に自信を持てずに

 

 

恋愛や次の伴侶を求める事に躊躇してしまう人もいるんだろうな。

 

 

おちづと過ごしながら思ったのは、

 

 

子どもがいるからとかバツイチだからとじゃ無くて

 

 

それも含めて今の自分である事を

 

まず自分自身が認めたらいいと。

 

 

 

けっして子どもがいたりバツイチで

 

あることはマイナスな事ばかりで無いのよ。

 

 

 

 

一度離婚というものすごいエネルギーを

 

使う事を経験している分

 

 

結婚生活や生き方に対しての自分なりの価値観を

 

 

考える時間を過ごしているだろうし、

 

 

別れる事や子どもと共に

 

生きていくって覚悟や決意をした

 

その生き様も視点を

 

変えればかっこいいとすら俺は思う。

 

 

 

おちづも結婚ー出産ー子育てー離婚

 

 

と、そんな経験を通していまの考え方や

 

ものの捉え方にたどり着いたわけで、

 

その経験を積んだおちづでなかったら

 

俺も惹かれていなかった可能性すらある。

 

 

 

経験は財産。

 

 

人と違う経験をして人間としての深みを増した分

 

そこに惹かれたり魅力を感じてくれる人は必ずいる。

 

 

 

さっきも書いたけど人との出会いは人生を

 

 

より豊かに色鮮やかにかえてくれる

 

 

可能性を秘めたものだから、

 

 

是非シングルの方々には

 

 

胸はって生きてもらって

 

出会いを楽しんでもらいたいな。

 

 

と、話がそれてしまったが、

 

 

知り合ってからかなりの短期間で結婚まで行き着いたので

 

「最初からビビッときたの?」

 

「一気に盛り上がってこうなったの?」

 

 

みたいに聞かれる事が結構あるのですが

 

 

一目惚れでドバーーーーって一気に盛り上がって

 

 

一緒になったというより、

 

なんともゆっくり少しずつ

 

 

パズルのピースをお互いに合わせていたら、

 

 

なんかすごい一致するね〜

 

もっと出し合ってみよか

 

 

って、ひとつひとつ考えや想いを確認していったら

 

 

自然と一緒に生きていきたいと

 

思える相手だったって感じ。

 

 

 

はじめの段階からかなりつっこんだ話を

 

お互いにしていて、

 

自分をさらけ出していったのが

 

 

良かったんだなって今にして思う。

 

 

というか、さらけ出せる相手だったということか。

 

 

 

もちろんお互い違いもあるし

 

 

これから細々した相違も見えてくるだろうけど、

 

 

生きる指針と言うか芯の部分の

 

人生観みたいのが重なっているところが多い

 

 

お互い周りから見たら少しかわった生き方を

 

 

してきていてこれからもそういう生き方を変える気は無い

 

 

おちづとなら俺自身が自分らしく生きていける

 

 

そして、おちづが自分らしく生きていくサポートを

 

 

したいし彼女の表現する世界をとなりで観てみていたい

 

 

と心から思える。

 

 

 

そんな人に出会えた自分幸せ!!!

 

 

 

ここまでの人生28年

 

心の赴くままに生きてきて、

 

いいも悪いもいろんな経験を経てたどり着いた今

 

 

 

 

10年前に想像もしなかった今があるように

 

 

10年後に想像もしないような今がくるように

 

 

 

これからもどんどんいろんな事にチャレンジしていきます

 

これからは一人でなく家族で

 

その日々を味わい分かち合える

 

 

笑って泣いて

 

 

人間らしくしっかり今日という日を生きて

 

 

何気ない日常の中にある幸せを噛みしめながら

 

 

手を取り合って歩んでいこう。

 

 

 

そんな日々をこれからみなさんに

 

暖かく見守っていただければ幸いです。

 

 

と、自己紹介のつもりで書き出したブログだったのに

 

 

気がついたらおちづとの出会いに大半をさいてしまった!!!

 

 

 

こうやって振り返ってみると、これまでの人生の道のりで

 

 

出会った人たちとの時間があったから今があるんだなって改めて再確認。

 

 

 

自分で勝手に成長してきたわけでなく、

 

 

関わってくれたすべての人との時間の中で

 

いまの自分が構築されている。

 

 

 

改めて交わってくれた人々に感謝だ。

 

 

 

そしてこれからも人の縁を大切に

 

 

一歩一歩しっかり歩んでいこ。

 

 

今後もちょろちょろとこちらのブログで

 

 

徳島での日々やお店での出来事などなど書いていくので、

 

 

おちづの記事と合わせて読んでもらえたらうれしいです。

 

 

 

 

長々と最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

簡単ではありますが自己紹介おしまい!

 

 

 

これからどうぞよろしくです!!

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。

 

ひろし